2008年06月25日

自殺のあった家

自殺が起きた家を仲介したり売却する場合、
必ず買主にその事を知らせなければならない。

黙って客に売りつけると、損害賠償請求されうる。

自殺が起きた当時の持ち主から、
一旦、別の人の手に渡り、更にもう一度別の人の手に渡れば、
”遠い昔の事”と見做され、
告知義務はないという判例があるそうだが、
このような物件には関わらない方が無難だ。

焼身自殺があった建物で、
さすがにそのままでは売れないので、
更地にして建築条件付き土地として資料が回っていた物件がある。

32坪の土地に延床面積27坪の建物を建て、
南向き、私鉄の急行停車駅歩5分、JR駅歩8分。

これで当初、4780万円でスタートしていた。
これは当時の相場なりの値だったし、
希少物件なので自殺がなければすぐに売れていただろう。

しかし、もちろん売れない。

自殺情報は、不動産業者なら誰でも知っている。
また、近所に聞き込みすると、
おしゃべりな人が必ず教えてくれるので、
黙っていても必ずバレてしまう。

4780→(中略)→2980

と、ドンドン値下げしても売れず、
とうとう、土地だけで手放した。
(土地だけで、なら買う、という客が見つかったのだった)

建築・不動産業者でさえ、
自殺物件ではハマってしまうという例だ。

(近所の)人というのは噂好きなので、
こういう物件は普通の人は避ける方がいい。

自分で家を建てて入居しても、
ずっと近所の噂や質問攻撃に遭い、
嫌になって売ろうとしても、思った値で売れないはずだ。

以前にも書いたけど、
安いには何かしらの理由があるものだ。

買う時安いけど、売る時も安いのでは、
家を買う理由はなくなる。

家を買うのはインフレヘッジという目的もある。
しかし、「いわく付き物件」は、普通の物件ほど値上がりしない。

普通の「まともで、平凡な物件」を買うのが
資産という面を持つ不動産購入のポイントだ。

同様の理由で、安いからという理由で、専通(旗竿地)や、
崖の上や傾斜地に建っているような物件も避けること。



ラベル:自殺の物件
posted by fudousan-eigyouman at 12:00| Comment(0) | 住宅選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

境界の確認

土地、土地付き一戸建てを買う時は、
境界を必ず確認する方がいい。

これは当然の事であり、
不動産売買契約書にも謳ってあるはずだが、
立会いの下に境界確認をする買主は意外に少ない。

物件の買主は、決済までにやるべき事が多すぎて
すっかり忘れてしまう、というのが最大の理由だと思う。

つまり、
引越し業者の選定〜荷物梱包
子供の学校移転手続き
その他、各種の届出
決済日の調整(特に仕事関連の調整)
新居での必要物購入
その他もろもろ・・・

業者にとっても、
お金にならない立会いという業務は
できれば省略してしまいたいのが本音だ。

しかし、特に中古の一戸建てや、
開発がかかってない地域の土地購入の場合、
決済前に境界を確認するのが
後々のトラブルを防ぐ最善の手段だ。

開発分譲地でさえ、
水道・ガス工事や外構工事の際に、
境界の杭・ピンが紛失してしまう事も多い。

自分が生きているうちなら、
境界でもめても、何とかなる可能性が高いが、
子や孫の世代だと、自分も隣地も
どこが境界か知らないケースも多発する。

決済(代金支払い及び物件引渡し)までに
境界は確認しておきましょう!

次回は、
境界にまつわる恐い話を紹介します。
(一般の方には関係ない世界の話ですが)



ラベル:境界
posted by fudousan-eigyouman at 23:30| Comment(0) | 住宅選びのポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。