2008年08月27日

表札の撤去

あるお客さんに中古住宅を仲介したところ、
引渡し後に依頼(問合せ)がありました。

門に、前所有者の表札が埋め込んであったのですが、
これが固くて取り外せないというのです。

で、デパートの中にテナントとして入っている
立派な玄関用の表札屋に訊くと、
”撤去費用に2万円かかる”と言われ、
困って助けを求めてきたのです。


(2万円もするなら、前所有者の責任に於いて
 表札を撤去しておくべきである、
 せめて半額の1万円負担してほしい)


と言いたげでした。


そこで私が現場を見に行ってみると、
コンクリートでもなく、漆喰のようなものでもない、
私も知らない、かなり強力な接着剤でした。


分からないので、工務の者に見に行かせると、

「これは素人では取り外せないですね。
 関連の下請け業者に見させますよ」

とのことでした。



一方、前所有者に連絡を取ると、

「自分では取り外せなかったので、
 そのままにしてしまっていました。
 そちらで外せるなら、見積もりを下さい」

との返事。



翌日、下請け業者から連絡があり、

「今、見に来ているんですけど・・・
 ついでの時で良ければ2000円でいいですよ」

と、良心的価格を提示してくれました。

2000円というと、「交通費+アルファ」程度です。
業者側から見れば、撤去工事費用は無料同然です。


そして、

「”ついでの時”って言うのはですね・・・
 表札を外すのはいいんですけど、
 また新しい表札を入れなきゃダメでしょ?
 古い表札を取った跡がボロボロになるので、
 新しい表札を買ってから、連絡をください。
 古いのを外して、新しいのをキレイに入れてあげますから。
 その代わり、こちらの都合のいい日にやる、って事で・・・」


これは業者の立場に立てば、理解できます。
電話料金を払って打ち合わせし、
施主の希望日に合わせるにはスケジュール調整もして、
再度、ガソリン代と有料道路代を払って来る事になるなら、
それなりにコスト増になります。

こちらの都合で工事を進めていいなら、
表札取り付け費用も込みで、
交通費だけでいいですよ、という事なのです。


買主に伝えると大喜びで、
下請けに任せると言ってくれました。

また、売主(前所有者)にも、
「たった2000円だから、売主負担は無しでいいです」
と伝えると、とても感謝してくださり、後日、
実家で取れた柿を買主さんの家へたくさん贈ってくれました。

このような「ささやかな、だけど心温まるやりとり」は、
私たち不動産業者にとっても、嬉しい話です。


なお、物件の売主さんは、上記のようなケース、
つまり、撤去すべき物を撤去しなかった場合、
不動産屋の担当者に一言だけでも言っておきましょう。

もし、2000円でなく2万円なら、
話はこじれていたかもしれないのです。

お互いに気持ちよく、信義誠実の原則に則って、
爽やかに取引したいものですね。



ラベル:表札
posted by fudousan-eigyouman at 14:19| Comment(0) | 中古住宅の注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。