2008年12月10日

分譲現場の工具泥棒

大工道具はかなり高価で、
1台10万円以上する機械もザラです。

バブル崩壊後の不景気のせいか、
90年代後半頃から、
分譲現場で工具類の盗難が相次ぎました。

大規模分譲地で、まだ入居者が少ない時期は
泥棒たちが仕事をしやすいため、
頻繁に荒されました。

基礎と大引きの間(床下)に置いておき、
上からベニヤ板などを乗せて隠していても、
泥棒もプロですから、
すぐに見つけて盗んでいくのです。

毎夕、仕事が終わったら2階へ運び上げる大工や、
道具を車に積んで持ち帰る大工が相次ぎ、
ようやく被害は減りだしたのですが、
根本的対策ではありません。

泥棒たちは回遊魚のように移動するだけなのです。

車に積んで持ちかえっても、
青空駐車だと、車から下ろしておかないと、
窓ガラスを破られ、盗まれる被害も多かったのです。

こういう被害を聞くと気の毒で、
本当に暗い気持ちになります。



ラベル:泥棒
posted by fudousan-eigyouman at 00:02| Comment(0) | 新築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。