2008年12月31日

洋室のフローリングについても

フローリングはタタミ表と違い、
色落ちする事はありません。
粗悪品なら可能性はありますが

が、
あまり水拭きでゴシゴシやると、
表面のワックス皮膜が剥がれてしまいます。

新築の場合、
引渡し前の洗い(ハウスクリーニング)工程で、
フロアにはワックスを塗るのが普通です。

ですから、入居の際には軽く拭く程度で結構です。

強く水拭きする必要もありませんし、
自分でワックスを塗る必要もありません。

定期的に塗るのは悪い事ではありませんが、
薄く塗ればOKですし、
あまり神経質にメンテしなくても、
日本メーカー製のフローリングの品質は世界一です。

ちょっとやそっとで退色したり、
乾燥して品質が落ちることはありません。

タタミ同様、頻繁に水拭きする方が
品質を低下させてしまいます。


ついでに、
フローリングの色を選ぶ際のポイント

色が明るい(薄い)、白っぽい、
というタイプは、汚れが目立ちます。

逆に、暗い(濃い)、黒っぽい、
というタイプは、ホコリが目立ちます。

どちらも一長一短ですから、
ミディアム(中間)を選ぶのが無難ですね。



いつもご愛読ありがとうございます。
次週からは「不動産のキモ」にブログを引越し・新連載します。

来年もよろしくお願いします。
皆様、どうぞ、よいお年を!!


ラベル:フローリング
posted by fudousan-eigyouman at 01:08| Comment(0) | 新築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

タタミの汚れ?

入居数日後のお客さんから
「タタミが汚いんですけど・・・」
と、電話がありました。
他の用件のついで、ではありましたが

メインの用件のついでに、
お客さんの言う”タタミの汚れ”を見せてもらいました。

「拭いても拭いても、雑巾に緑色の汚れが付くんです。
 よほど汚い材料を使ったんですか?」


私は苦笑するほか、ありませんでした。


タタミ表の材料は”いぐさ”という天然材料ですから、
工業製品に比べ、確かにバラツキは大きいでしょう。

私は気にした事もなかったんですが、
色落ちの程度も差があるかもしれません。


しかし、
1.元来、色落ちするものである事を理解して頂き、
2.入居の際、表面を一度だけ軽く拭けばいいのです。


そのお客さんは
濡らした雑巾でゴシゴシと力を入れ、
何度も何度も拭き、それでも雑巾に色が付くので
「いぐさを洗うのが足りないんじゃ?」
とでも勘違いしたようでした。


もしかしたら、我々消費者が知らぬうちに
タタミ業界は、見た目をよくするために、
若干の色素を加えている物なのかもしれません。

が、いずれにしても、
日焼けと摩擦で色落ちしていきますから、
気にする必要はありません。



ラベル:タタミ
posted by fudousan-eigyouman at 04:07| Comment(0) | 新築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

ドアが下がって開閉が固くなったら

各室のドアが下がって傾き、
ドアを閉める際に枠に干渉して引っかかる、
という場合は、ヒンジの調整をすれば直ります。

最近のメーカー品のドアには
兆番(ちょうばん=ちょうつがい)に
調整用のネジがついていますので、
素人でも調整することができます。
(ドア等の建具は、既製品の方が概ね高品質です)


ドアが傾きはじめたからと言って、
手抜き工事だとか、欠陥住宅とは限りません。
(昔の自動車などは、よくドアが下がったものです)


ドアも金具で固定しているだけで、
重力に逆らっているわけですから、徐々に傾き、
枠に干渉する事も往々にしてあります。

特に近年の質感を重視するドア・建具類は
重量が重くなる傾向にあるので、
昔のチャチなドアに比べ、下がりやすいのです。

ドアが下がった・傾いている、という場合は、
金具のネジを調整すれば、ほとんど解決します。

それでも直らない場合は、
大工の腕が悪かったのかもしれませんが。

このような症状が見られる場合は、
一度、ご自分で調整してみてはいかがですか?

ドライバー1本で直せ、
服が汚れる事もありませんし、
汗をかくほどの作業でもないですから。

自分で直せると楽しいし、
家にも愛着が湧くものですよ。



ラベル:ドア下がり
posted by fudousan-eigyouman at 00:05| Comment(0) | リフォーム・増改築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。